税理士としてフリーランスで働くこと

フリーランスで働く税理士は全国各地で活躍しているところです。ただ、元々その地域で根付いて働いている税理士も多く、新参者が働く際にはなかなか顧客が付かないケースも見受けられます。

そのためもしフリーランスで働く際には、最初は税理士事務所等で働きながらそこでしっかりと顧客を確保したうえで独立するなどの工夫が求められます。無論、元々勤務していたところから顧客を奪うことになりますから、そのことに拒否反応を示す事務所も多いのが現状です。そのため、波風を立てないように独立を考えるべきとされています。

もし、ここで独立がこじれるようなことがあると、後々顧客を奪われた形となる勤務先だったところからの訴訟リスクなども考えなければいけなくなります。こうしたリスクを抱えたまま仕事をするのは難しいですから、円満に退職ができるように人間関係などに配慮しながら慎重に仕事をしていく姿勢も必要です。

税務申告前の代理記帳については最初から引き受けないというところもあるので、そうしたところの顧客の中から困っているクライアントを見つけるなどの顧客獲得競争も考えなければならなくなります。つまり、クライアントの獲得競争も視野に入れて行動しなければならないというわけです。

また、その地域で昔から根強く行動しているところもあります。あえてそうしたところと競争するのではなく、まだ顧問がいない新規獲得を目指すことを考えたほうがいい場合もあります。
実際に独立する前には、会社員からフリーランスへ転身した人のブログなどを見てみるとためになることがよくあります。
以下は税理士として独立開業した人のサイトです。税理士ならではの仕事の視点が参考になる内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です